重要なお知らせエリアを非表示

八百繋

食でヒトを繋ぐ 食を繋ぐ、産地を繋ぐ、想いを繋ぐ 様々なモノとヒトを“繋ぐ”新しい形の八百屋です

Our Values

八百繋は、青果の仲卸が始めた「新しい仲卸の形」を実現するプラットホーム(八百屋)です。もともと、仲卸は市場とお店を繋ぐ存在でしたが、近年、産地とお店が直接やり取りすることが増え、その役割が薄れつつあります。そんな仲卸ですが、仲卸業は様々な繋がり(農家、産地、流通など)を持っています。この繋がりをお客様に直接繋ぐことで、産地と食卓を繋いだり、市場と地域を繋いだり、生産者とキッチンを繋いだりと、新しい食とヒトの繋がりを生み出していきたいと考えています。

Pick Up ピックアップ

今回の逸品

岩手県陸前高田 めんこいトマト

コクの強いミニトマト
たかだ農園ミニトマト「Minami」に次いで、八百繋が自信を持ってご紹介するミニトマトがいよいよ登場です。 今回ご紹介するのは、岩手県陸前高田で育てられている「めんこいトマト」です。 「Minami」が甘さなら、「めんこいトマト」はコクの強さが特徴で、甘味と酸味両方がしっかりあるので味が濃いんです。その為、食べた時の余韻も長く食べ応えのあるミニトマトです。 先日フジテレビで紹介され見事トマトランキング1位に輝きました。 ミニトマトは一般的に糖度が8度を超えると高糖度トマトと言われますが、「めんこいトマト」は8度以上が基本。モノによっては10度以上のものもあります。 ランキング1位に輝いた味をぜひ一度お試しください。

Story 3つの特徴

  • 01

    産地

    奇跡の一本松
    めんこいトマトが育てられている岩手県陸前高田は東日本大震災の被害が甚大だった地域です。「奇跡の一本松」は震災の津波に耐え、1本だけ立ったままの状態で残ったことから、震災からの復興への希望の象徴となり「奇跡の一本松」や「希望の松」と呼ばれるようになりました。その一本松のように津波で流された跡地を活用して復興支援として育てられているのが「めんこいトマト」です。海と山があり自然と気候に恵まれたこの土地は多くの豊かな作物が育つことでも有名です。
  • 02

    ヒト

    地元の為に
    生産者のD-Design farm 太田さんと斎藤さんは共に岩手県出身。 東日本大震災後に何か支援できることはないかと、当時働いていた仕事を辞めて地元の三陸に戻りました。 復興支援活動の傍ら7年ほど農業修行を積み独立。津波で流された土地を再生させるべくミニトマト栽培を始められました。みんなが幸せになれる新しいカタチの農業を目指し、農園名の「D-Design farm」の由来は Delicious、Dramatic、Dreaming、DevelopmentといったDの創出を通じて地域復興に取り組んでいく意思がこめられています。 そのヒトを思いやる気持ちがあるからこそ、やさしくも力強い味わいのミニトマトが育つのかもしれません。
  • 03

    モノ

    ミニトマトのコクが強くなるのは何故なのか?
    味と環境への負担低減を両立させるため、フィルム農法という新しい技術を採用しています。 フィルムを通じて潅水をおこなうことにより植物が求める分だけ水を与え、必要な分だけ肥料を供給することができます。 水や肥料は必要以上に多く与えても味はおいしくなりません。 フィルム農法によりトマトが必要な最低限の量しか水や肥料を与えない為、トマトの生きる力を最大限に引き出し、自分で成長しようとするので甘味と旨味が強くバランスよい酸味がある濃厚なトマトが育ちます。 また、厳しい環境におくことにより病気への耐性を強化し、農薬使用量の削減も実現しています。無駄に水や肥料を使用せず農薬を減らすことで環境への負担を減らしています。

All Products土地とヒトがつくりだす奇跡の実り

ピックアップ2を非表示

Information新着情報